雪遊びをしにスキー場へ行ってきました

先日夫が仕事で休みが取れたので、子供を連れて雪遊びをしにスキー場に行ってきました。時期的にスキー場はとても混んでいて駐車場の空きを探すのも大変でしたが、子供は大興奮。元々雪遊びが大好きな子供で、私たちが着替え終わる前から車の外に出てはしゃいでいました。

 

家族でスキー場に行くときは、いつもスキーやスノーボードはやらずにキッズコーナーでソリなどで遊んでいます。今までは混雑期からは微妙にずれたスケジュールで遊びに行っていたのでそれほど混雑を感じたことはありませんでしたが、今年は珍しく世間の休みと重なった時期だったのでそれはそれは混んでいました。いつもは遊び放題のキッズコーナーもなかなか自由に動き回れず、ソリも順番待ちで使うような感じ。それでも子供は並んでソリを楽しんでいました。

 

このスキー場のキッズコーナーにはタイヤを加工してコースを滑れるようにしたチュービングもあります。これは初めて訪れたときに興味本位で挑戦してから、一度もやっていません。子供用コースだと思って甘く見ていると意外とすごいんです。
もともと遊園地の絶叫系が大の苦手で、ジェットコースターなんてもってのほかなタイプです。チュービングもジェットコースターに通じる浮遊感を感じました。
多分普通の人にとっては大したことないのでしょうが、私はもうお腹いっぱいです。
子供も初体験のチュービングは怖かったのか、それ以降乗りたがる様子は見られません。
こういうものの嗜好って遺伝するのでしょうか?